Feature

SOCKS STORY

新しいコレクションを発表するたびに新しいテキスタイルをデザインしてきたミントデザインズには、たくさんのオリジナルテキスタイルが蓄積されています。そんなテキスタイルを一度限りのコレクションラインだけではなく、日常的に着用できる定番アイテムとして靴下に落とし込んでいます。ブランドが育んできた様々な柄の中から、あなただけのお気に入りを是非見つけてみて下さい。

配色のバランスから柄の選定まで、ミントデザインズらしさを表現しながらデザインされた靴下は、モードからカジュアル、フォーマルな場でも着用いただけるようにたくさんの種類をご用意しております。透け感が夏らしいメッシュ素材から、足先の冷えを防止するウール素材まで、季節に合ったお気に入りを選んでいただけます。一部のアイテムではレディスサイズだけではなく、メンズサイズのご用意もございます。

ミントデザインズの靴下は奈良県のとある工場で制作しています。奈良県は靴下の生産量が全国1位なんです。古くから奈良盆地は水不足に悩まされており米作りには向かない土地柄でした。そこで発達したのが江戸時代から広がった綿の生産、それが今の靴下の生産につながっています。

工場内は所狭しと靴下編み機が並んでいます。奈良県の靴下は国内の産地、また海外からの輸入品などとの競争に勝ち抜いてきた、確かな品質の靴下です。靴下の原料である木綿の生産地であったことから良い原料を手に入れられる、また良い職人が集まる地域となったため、原料・染色・編立・縫製・刺繍・仕上げ・装飾加工の業者が互いに切磋琢磨して、奈良の靴下というブランドを作り上げました。

こちらが靴下編み機です。靴下は円筒状の編機で、上部のゴム部から編み始め、身部を編み、かかと部、足部、つま先部まで自動的に成形しながら編まれます。その後、つま先部の口の開いた部分を別の機械で縫合わせ、"靴下"の形になるように、蒸気でセットして最終の形となります。

一点一点手作業での縫い合わせをしています。最後にはミントデザインズのタグをミシンで縫い付けて完成です。タグが付くと製品らしくなりますね。

デザイナー自身が工場まで訪れて、どの糸を使って商品を作るか、細部まで打合せを行い生産に至ります。糸だけでもたくさんの種類があるので、実際に工場まで行って現物を見ることが、ミントデザインズらしいものづくりに繋がっています。

足型もたくさんの種類があります。一般的にソックスと言われる短いものから、ストッキングのような長いものまで。次はどんな靴下を作るか楽しみになりますね。

VIEW ITEM




VIEW ITEM